丁寧かつ迅速な対応。
依頼者様との対話を大切にいたします。

主な取扱業務

当事務所の弁護士による近著

弁護士紹介

弁護士 安達敏男

丁寧かつ迅速な業務を心がけ、早期にご依頼者様の問題が解決できるよう努力していきたいと思います。

弁護士 吉川樹士

法律問題の最適な解決方法は、ケースごとに全く異なります。よって、依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有しながら動くことを心掛けています。

新着情報

自首について知りたい

犯罪を犯してしまったが、深く反省をしている、いつ警察に逮捕されてしまうのか不安なため、自首したいと考えている。しかし、自首すると身柄を拘束され、幼い子供の世話ができなくなってしまうのではないか、仕事を失ってしまうのではな […]

無実を証明したい

無実の証拠の収集 無実を証明するためには、無実の証拠を収集することが重要です。どのような物が証拠となるか分からない、警察、検察に身柄を拘束されており証拠の収集が困難、などの場合は、弁護士に依頼することも考えられます。   […]

前科をつけたくない

起訴され刑事裁判が行われると、99.9%のケースで有罪となり前科がつきます。100万円以下の罰金に相当する事件などの条件を満たすと、刑事裁判が行われない略式起訴を選択することもできますが、その場合も前科がつきます。したが […]

示談をしたい

示談により、加害者が深く反省しお金を支払うなどする代わりに、被害者が事件を解決とすることに合意します。すると、警察、検察によって釈放、不起訴となる可能性が高くなり、また起訴後であっても刑罰が軽くなる、執行猶予が付く可能性 […]

刑事事件の流れ

逮捕 逮捕されると、逃亡などが行われないよう警察に身柄を拘束され、取り調べなど捜査が行われます。逮捕には、一般人から現行犯逮捕される、逮捕状を持った警察官から逮捕される、などのケースがあります。警察が逮捕により身柄を拘束 […]

PAGE TOP
MENU