一部の相続人が被相続人の預金を引き出している

一部の相続人が亡くなった被相続人の預金を引き出して使い込んでいるように思われる。そのため、あなたや他の相続人の相続分が少なくなってしまう。
本ページでは、そのような場合の対応について説明します。

 

預金が引き出されているか確認する

実際に預金が引き出されているか確認します。
あなたが相続人であれば、他の共同相続人が同意しなくても、被相続人が口座を開設していると思われる金融機関において、残高証明書や取引履歴書を取り寄せることができます(なお、相続人であることの戸籍謄本が必要です。)。また、株式や各種証券については、証券会社等に同様な照会ができます。

 

預金を引き出した理由を確認する

該当の相続人に預金を引き出した理由を聞き、その理由が適切かどうか確認します。

 

  • 被相続人の依頼で、生活、介護などのために預金を引き出していたということであれば理由に問題はありませんが、念のため、引き出している額が適切かどうかなどについて確認を行うのが良いかと思います。
  • 被相続人の意思に基づいた贈与ということであれば、理由に問題はありませんが、念のため、贈与について記された遺書、メールなどはあるか、被相続人から贈与が行われる状況・関係であるかなどの確認を行うのが良いかと思います。

    また、贈与が遺書による遺贈など、特別受益として扱われるものかどうかを確認します。特別受益であれば、特別受益者の遺産の割り当てを減らし、相続人の間の公平を図ることとなります。

  • 適切な理由がなく、不正に預金を引き出して使い込んでいた場合は、不当利得、不法行為に基づく損害賠償請求を行うなどし返還を求めることになります。

 

一部の相続人が被相続人の預金を引き出して使い込んでいる場合の対応について説明しました。
自身の状況について詳細に相談したい、代理人を依頼したいなどのご要望があれば、当事務所へのご相談をご検討頂ければと思います。

遺産相続の問題を当事務所に相談

遺産相続の問題でお悩みでしたら、弁護士にご相談ください。

  • 弁護士が依頼者様に代わり交渉
  • 24時間受付のスピード対応

法律問題の最適な解決方法は、ケースごとに全く異なります。東京アライズ法律事務所は、依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有しながら動くことを心掛けています。

投稿者プロフィール

吉川 樹士
吉川 樹士弁護士
弁護士。東京アライズ法律事務所所属。著作に「3訂 終活にまつわる法律相談 遺言・相続・相続税」、「相続実務が変わる!相続法改正ガイドブック」など。モットーは依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有すること。