不倫の証拠の集め方

「離婚、または慰謝料請求のために、不倫の証拠を集めたい」、「不倫をしている兆候があるが、実際に不倫をしているか確かめたい」という方向けに以下について説明します。

 

不倫をしている兆候

不倫をしている兆候として、ウソをついて外泊している、パートナーが特定の異性と接触している、ことなどがあるかと思います。

  • 出張とウソをついて外泊していた
  • 特定の異性と頻繁に電話をしている
  • 恋愛を思わせるメール、LINEを見かけた
  • facebookに知らない異性と2人で出かけている写真があった
  • 車に知らない異性を乗せている形跡がある

それに合わせて、髪型、服装、持ち物が変わる、仕事の帰りが遅くなる、出張が多くなるなど、パートナーの日頃の生活態度や行動パターンの変化があるとより疑わしいかと思います。

 

不倫の証拠になるもの

不倫の証拠になるもの

不倫の証拠を専門家である興信所、探偵を使わずに自分で集める場合は、何が証拠として有効かを知っておくことが必要です。

証拠として有効なのは以下などがありますが、重要なのは友人以上の関係、肉体関係があることの証明になるかどうかという点です。また、一つでは不十分でも複数組み合わせることで証拠となることがあります。

  • 写真
  • 動画
  • ラブホテルのレシート
  • メール
  • LINE
  • 通話履歴
  • 不倫を自白した文書や録音

写真、動画の場合、ラブホテルに出入りしている場面、性行為の場面などであれば肉体関係がある証拠として扱われます。また、ラブホテルのレシートは有力な証拠であり、他の証拠と合わせて不倫を実証できる可能性があります。

メール、LINEは、行為の内容が書かれているなど、肉体関係があったことがはっきりと分かれば証拠となる可能性が高いです。

また、不倫をしている兆候があり、パートナーに確認を行った結果、不倫を自白した文書や録音についても証拠扱いとなります。

 

不倫の証拠にならないもの

パートナー以外の異性と二人で写っている写真、動画、あるいはパートナー以外の異性とのメール、LINE、通話履歴であっても、肉体関係があることの証明にならなければ不倫の証拠にはなりません。

  • 肉体関係の証明とならない写真、動画
  • 肉体関係の証明とならないメール、LINE、通話履歴

また、メール、LINE、通話履歴のスクリーンショットは加工・編集しやすいという特徴があるため、証拠としたときに、改ざんしたものではないかと疑われる可能性があります。

メール、LINE、通話履歴については、パートナーのケータイも含めた写真をカメラで撮影したものの方が、有力な証拠となります。

 

不倫の証拠の集め方

不倫の証拠の集め方

証拠の集め方は、自分で集める方法と興信所や探偵に依頼する方法があります。

自分で集める

自分で集める方法としては、パートナーが寝ていたり、風呂に入っている隙に、スマホのメール、LINE、通話履歴などをチェックする方法があります。不倫の証拠となりそうなメール、LINE、通話履歴などがあった場合は、パートナーのケータイも含めた写真をカメラで撮影します。また、パートナーの部屋のゴミ箱をチェックして、不倫の証拠となりそうなレシートなどが捨てられてないかを確認する方法があります。

ただし、パートナーであっても、スマホを盗み見るのはマナー違反と考えるケースは多いです。実際は不倫をしていなかった場合に、盗み見したことでパートナーの信頼を失うリスクを伴います。

スマホを盗み見るのは、パートナーのプライバシーの侵害となり慰謝料を請求される可能性が0ではないというリスクもあります。また、配偶者のIDとパスワードを盗んでLINEやFacebookにログインしてしまうと、不正アクセス禁止法違反となる可能性もあります。

興信所や探偵に依頼する

自分で証拠を集めるのには、前述のようなリスクを伴うため、無理をせずに興信所や探偵に依頼をするのがおすすめです。専門家に任せると費用はかかりますが、リスクなく確実に証拠集めをすることができます。

 

不倫の証拠を集めるときにやってはいけないこと

不倫の証拠を集めるときにやってはいけないこと

自分で証拠を集める場合に、犯罪行為を行わないように注意が必要です。この場合の犯罪行為とは「配偶者のIDとパスワードを盗んでLINEやFacebookにログイン」、「不倫相手と思われる人の家や会社に侵入して証拠を収集」、「不倫相手の家にカメラや録音機器を設置して撮影・録音」などです。これらの行為は、不正アクセス禁止法違反、窃盗、不法侵入、盗聴、盗撮という犯罪になる可能性が高いです。証拠集めは、プロである興信所・探偵に依頼するのが無難かと思います。

不倫問題を当事務所に相談

不倫慰謝料の問題でお悩みでしたら、弁護士にご相談ください。

  • 弁護士が依頼者様に代わり交渉
  • 家族や職場に知られるリスクを下げる
  • 24時間受付のスピード対応

法律問題の最適な解決方法は、ケースごとに全く異なります。東京アライズ法律事務所は、依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有しながら動くことを心掛けています。

投稿者プロフィール

吉川 樹士
吉川 樹士弁護士
弁護士。東京アライズ法律事務所所属。著作に「3訂 終活にまつわる法律相談 遺言・相続・相続税」、「相続実務が変わる!相続法改正ガイドブック」など。モットーは依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有すること。